機内食の調製

機内食の調製

受け継がれる料理の技術と伝統がティエフケーの誇り
ティエフケーは、海外の航空会社を中心に50社以上の機内食取扱いがあるのが特徴です。
午前中のピークの時間帯には、多様な国々の料理が、次々と調理されていきます。
  • 洋食部門
    ティエフケーのキッチンでは、西洋料理から、エスニック、中華料理まで、幅広い種類の機内食が毎日調製されています。300名近くのシェフが在籍しており、その中には京都の老舗料亭やフランスで料理研修を経験した者も多数おります。
  • 盛付部門
    コールドキッチン部では、室内の温度が一定に保たれたキッチンで料理が盛付られております。調製数が多い料理の盛付には、ベルトコンベアーなどを用いることで効率的に行われております。
  • 製菓・製パン部門
    製菓・製パン部門では、多くの機内食で用いられるデザートやパンの調理が行われております。繊細なパティスリーの調製や、エールフランス航空へ搭載されるフランスパンも、ティエフケーではすべて自社工場で調製しております。
  • 和食部門
    和食を機内食のメニューとして取り入れている航空会社も多くあります。ティエフケーでは、創業から60年の歴史の中で培われた、技術と伝統が現在の料理人に受け継がれております。
ページの先頭へ戻る