食の安全「衛生管理」

食の安全「衛生管理」

食の安全を第一に考え、お客様が安心出来る製品・サービスを提供していきます。

ティエフケーは食の「安全」と「衛生」の最高水準を維持することを最優先と考えています。
そのためHACCP(Hazard Analysis and Critical Point)を主軸に、メニュー開発、原材料の調達、調理、機内への搭載まで、すべての過程で最高水準の食品衛生管理体制を確立しています。
ティエフケーの工場では、調理から盛り付けまでの調製を行う部分はクリーンエリアとし、世界的な食品工場の基準に準じて設計されています。
食品衛生管理への取り組みとして、成田地区のケータリングカンパニーでは初の食品安全マネジメントシステムである国際規格「ISO22000:2005」を取得し、会社一丸となって食の安全へ取り組んでいます。

  • HACCPシステムを用いた
    食品衛生管理体制
    HACCPとは、Hazard Analysis(危険要因の分析)を行い、CCP(重点管理点)を設けることより未然に異常のある食品の出荷を防ぐことが出来ると共に、容易に原因追及が可能にすることが出来る食品管理手法です。HACCPシステムの原則はFAO(国連の国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)の合同食品規格計画(コーデックス委員会)から発表された国際的に認められたものです。
    HACCPシステムは、「施設設備の衛生管理」や「従事者の衛生教育」など、主に10つの項目に分けることのできるPRP(PrerequisiteProgram)を基盤としています。
  • ISO22000:2005
    食品安全マネジメントシステム
    ISO22000:2005(食品安全マネジメントシステム・フードチェーンのあらゆる組織に対する要求事項;Food safety manegemant syatems – Requirements for any organization in the food chain)とは、HACCPの原則手順を、マネジメントシステム化したISO規格です。食品の安全を確保することを目的としていることから、相互コミュニケーション・システムマネジメント・前提条件プログラム(PRPs)・HACCP原則の4つの要素を組み合わせたマネジメントシステムの要求事項となっています。
    規格の要求事項としては、HACCPなどの考え方にマネジメントシステムの要素を加えたもので、製造に携わる部門だけでなく経営者も含めた組織全体で食品の安全確保を努める仕組みになっています。
    食品安全マネジメントシステム
    機内食の製造および搭載、
    冷凍ソース類の製造
    以前認証取得していた、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001:2008の考え方を基盤として、HACCPの原則手順をマネジメントシステム化し、食の安全に特化した国際規格であるISO22000:2005を取得

クリーンな環境を創出

本社工場(地上2F地下2F)がリニューアルされ、食品衛生管理を徹底したクリーンな環境が創出されました。工場内の各作業場では、食品衛生管理基準に定められた温度管理を自動制御システムによって行い、同時に服装や立ち入り制限によるゾーニングを確立して、食品に対する危害防止を行うことで食の安全をサポートしています。

クリーンな環境を創出

※横にスクロールします。

  • クリーンエリアに入る前には、エアーシャワーに入ります。衣服に付着した、ゴミやほこりなどの付着物を除去します。また、エアーシャワーに入ることで、エアーシャワー以降は清浄度の高い区域であることを意識づけます。
  • ソッチリング(ソッチダクト)システムは、筒状の特殊な布製フィルターにより、空調を無風にしてクリーンな環境を作ります。
  • ゾーニングは、衛生面を考えた区分です。製造工程の作業に応じた汚染度合いを明確にし、そこに要求される清浄度や温度等の環境基準を確保するために工程や室ごとに区分を設定します。
  • 金属探知機
    金属探知機
    食品への異物混入対策を実施するため、金属探知機による検査を実施しています。
  • 急速冷凍機・ブラストチラー
    急速冷凍機・ブラストチラー
    食品衛生管理の観点から、加熱処理をした食品は菌が増殖しないよう急速冷却機(ブラストチラー)にて冷蔵します。

検査・管理体制

  • 食材の洗浄と調理を別フロアで
    野菜等の食材搬入時や洗浄時に、泥やゴミなどが料理に混入することを防ぐため、食材の洗浄と調理を行うフロアを完全に分離。徹底したリスク管理体制で、料理の安全を確保しています。
  • 放射線測定器 ガイガーカウンター
    食品による内部被ばく等を防止するため、当社では納品された生鮮食品等の放射線測定を実施しております。
  • 食材の受け入れ検査
    食材の品質管理のため、納品された全ての食品の温度が規定値の範囲内にあるか検査をします。細菌の繁殖を防ぐために、材料の時点から徹底した温度管理を行っています。
  • 微生物検査室
    自主検査の実施や、食品・器具等の微生物検査等を実施する自社検査室。培養した菌の増殖結果のデータをもとに、調理手順等の変更などを行い改善します。
  • 外部業者への衛生監査
    食品衛生管理の一環として、定期的に外部業者に対して衛生監査を行っております。
    搬入時に検査するのはもちろん、どのような衛生管理がされているかを把握し、品質管理をしております。
  • 社内衛生教育
    調理担当者のみならず、全スタッフに対して衛生教育を行っております。
    これは、スタッフ一人ひとりが食品衛生に関する高い意識を持ちながら業務にあたることで、最高水準の食の「安全」と「衛生」を維持することができると考えるからです。
ページの先頭へ戻る