衛生管理と安全な搭載

衛生管理

優れた衛生管理はティエフケーの誇り

photo

食の安全を守るため、ティエフケーでは優れた食品衛生管理体制を確立させています。ティエフケーでは、材料の受入れ・保管から調製、セッティング、機内への搭載に至る各プロセスでHACCPの概念を取り入れた食品衛生管理手法を導入しています。また、社内に微生物検査室を設けて材料や製品等の衛生状況を日々確認することで、安全な製品を作り出すためのより良い作業環境や工程の確保を目指しています。さらに調理に携わる者にとどまらず、全社員に衛生教育を徹底することで、常に全員が食品衛生に関し高い意識をもって業務にあたっています。安全で高品質な機内食や確実な搭載サービスを提供することで顧客満足の向上を目指すため、ティエフケーは国内のケータラーでは初めて品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001:2008の認証を取得しました。
現在では成田地区のケータラーでは初めて、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO22000を取得済みです。

クリーンな環境を創出

本社工場(地上2F地下2F)がリニューアルされ、食品衛生管理を徹底したクリーンな環境が創出されました。工場内の各作業場では、食品衛生管理基準に定められた温度管理を自動制御システムによって行い、同時に服装や立ち入り制限によるゾーニングを確立して、食品に対する危害防止を行うことで食の安全をサポートしています。

クリーンな環境を創出

HACCP

photo

HACCPとは、Hazard Analysis(危険要因の分析)を行い、CCP(重点管理点)を設けることより未然に異常のある食品の出荷を防ぐことが出来ると共に、容易に原因追及が可能にすることが出来る食品管理手法です。
HACCPシステムの原則はFAO(国連の国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)の合同食品規格委員会(コーデックス)から発表された国際的に認められたものです。
HACCPシステムは、「施設設備の衛生管理」や「従事者の衛生教育」など、主に10つの項目に分けることのできるPP(Prerequisite Program)を基盤としています。

ISO22000:2005

当社は食の安全を第一に考え、お客様が安心出来る製品・サービスを提供して行きます。

photo

ISO22000:2005(食品安全マネジメントシステム・フードチェーンのあらゆる組織に対する要求事項;Food safety manegemant syatems – Requirements for any organization in the food chain)とは、HACCPの原則手順を、マネジメントシステム化したISO規格です。食品の安全を確保することを目的としていることから、相互コミュニケーション・システムマネジメント・前提条件プログラム(PRPs)・HACCP原則の4つの要素を組み合わせたマネジメントシステムの要求事項となっています。
規格の要求事項としては、HACCPなどの考え方にマネジメントシステムの要素を加えたもので、製造に携わる部門だけでなく経営者も含めた組織全体で食品の安全確保を努める仕組みになっています。
成田地区のケータラーとしては初めて、ISO22000の認証を取得し、現在は羽田支店でも認証取得に向けて努力しています。

安全な搭載

安全への取り組み

photo

機内食の搭載は、航空機のドアの高さまで上がるハイリフトローダートラックを用いて航空機へ接着・離脱を行います。
搭載現場となる空港ランプ内では、強風や雷雨など悪天候に見舞われることもありますが、航空機の運航に支障をきたさないよう、常に安全な作業をすることが求められます。
ティエフケーでは、定期的に運転資格保持者を対象とした大型車両社内訓練の実施や、パソコンやインターネットなどの各種メディアを用いた、社員向けの安全・保安教育を実施しています。
その他の取り組みとして、成田搭載部門では「危険箇所点検の日」や「ランプ安全の日」を設けるなど、成田・羽田搭載部門全体で未然の事故発生防止に取り組んでいます。無事故発生を目標として掲げながら、機内食搭載作業に関わるドライバーや車両誘導者などスタッフ全員が、基本動作・確認作業を遵守し、安全作業に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る