INTERVIEW
エアラインとティエフケーをつなぐ窓口
お客様の声に応えたい
管理部門前田 未宇
顧客サービスグループ/2013年入社
  • エアラインとティエフケーをつなぐ窓口
    お客様の声に応えたい
    わたしは羽田支店の顧客サービス部に所属しており、主にお客様とティエフケーの窓口として、エアラインと社内の関係部署をつなぐ役割をしています。お客様であるエアラインからのリクエストをお聞きし、それに応えられるよう社内で調整して、ご要望にできるだけ応えられるように努めています。社内には各業務のプロフェッショナルがいますが、お互いが納得して仕事を進めていくためにも、コミュニケーションがとても大事な仕事です。
    緊急時などお客様がお困りの時に社内のいろいろな部署と調整をしてエアラインのご要望にお応えできたときは、お客様から感謝のお言葉をいただくこともあり、自分もすごく嬉しいです。日々の業務、ひとつひとつの積み重ねが会社の信頼につながることを実感しています。
    お客様とメールや電話をしたり、お話したりするときは英語を使いますが、それぞれの国の文化や考え方はそれぞれ違うので、折衝するときは思いやりのあるコミュニケーションが大切だなと感じます。
  • 自分がやりたいことが全部詰まった職場
    もともと幼少時にベルギーに住んでいたので海外旅行がとても好きでした。旅行をするなかで、各国の文化にも興味を持ちました。料理をしたり食べたりするのも好きでしたので、海外の文化と料理の両方の要素が組み合わさった機内食というものに興味を持ちました。いろいろな国の航空会社の機内食を扱っていて、日本初の機内食を生み出したリーディングカンパニーであるティエフケーで働きたいと思いました。
    機内食の会社は、一つの国の食事だけでなく、和食、フレンチ、中華、アジアン料理などいろんな国の食事を知ることができるので、すごく魅力的であり、わたしがやりたいことが全て叶う会社だと思っています。
    今後、成田空港も羽田空港も発着枠の拡大が予定されています。これまで以上にティエフケーが一丸となって、すべてのお客様に喜んでもらえるサービスを提供していきたいです。
    夢はバラエティ豊かな機内食の中から、お客様ひとりひとりが自分の好きなものを選べるようになること。実現したら、もっと楽しい空の旅になると思います。
  • プライベートも大切!もちろん料理もします
    普段仕事の時は朝は7時頃に起きて、9時に出社します。午前中は時差のあるカナダの航空会社からメールが届いているので、それを対応しています。午後はエアラインと関連会社との運航に関する会議に出席したり、ときには実際に到着した飛行機や出発する飛行機へ行き状況を自分の目で確認したりしています。
    自分で業務の優先順位を調整、スケジュールを管理することができるので、ほとんど定時には帰社します。デスクワークが中心なので、仕事の帰りにジムでリフレッシュしたり、映画を見たり、ご飯を食べにいったり、自分の時間を大切にするように心がけています。休日は旅行やレストランなどで食べて気になったメニューを料理してみたり、都内各地で開催される、各国の文化イベントに参加して、いろんな国の文化に触れるのも楽しいです。
  • 気づいて行動する、気配りが求められる
    積極的に自分から仕事するのはもちろん、気づきの力が大切だと感じています。私が担当している業務は、自分ひとりで完結させることが難しいものばかりで、特にチームプレーが重要です。自分がどう動けば一緒に仕事をする人が動きやすくなるのかを徹底して考えたり、お客様が望んでることを自分で予想をたて、先回りして行動することが大事だと感じています。相手がして欲しいと感じることを考え、先回りして行う。こうすることで業務がスムーズに進んでいきます。ちょっとした気づかいだと思います。
    ティエフケーは海外の文化に触れたい、グローバルな仕事をしたいと思っている方には最適な環境です。世界を舞台に活躍されたい方、一緒に頑張りましょう!
Connecting Food to the world
空の旅をもっと楽しくする”ひとさら”を届ける 
ページの先頭へ戻る