安全な搭載業務

安全な搭載業務

ティエフケーのケータリングトラック

機内食は、荷台が航空機のドアの高さまで上昇するケータリングトラックを用いて機内に搭載します。
航空機にケータリングトラックを接着して作業を行うため、機体に損傷を与えないよう細心の注意が必要となります。

搭載スタッフによるケータリングトラックの誘導動作

搭載現場となる制限区域内では、強風や雷雨など悪天候に見舞われることもありますが、航空機の定時運航に支障をきたさないよう、常に安全な作業をすることが求められます。
ティエフケーでは、定期的に運転資格保持者に対し、指導教官による同乗監査を実施し、安全意識・技能維持・向上を目的としたフォローアップ訓練の実施、 常に最新のパソコンやインターネットなどの各種メディアを用いた社員向けの安全・保安教育を実施しています。

ランプ安全パトロール車両

  • その他の安全活動として「ランプ安全パトロール」の実施や「安全キャンペーン」などを展開し、無事故継続を目標として掲げながら、機内食搭載作業に関わるドライバーや車両誘導者などスタッフ全員が、基本動作・確認作業を遵守し、安全作業に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る